使って分かった電子本(電子書籍)と印刷本の使い分け

今まで青空文庫や本の自炊、電子本の購入をしてきましたが、今は印刷本を中心です。電子本も読んでいますが、なんでもというわけではありません。

電子本には色々な特徴があります。使ってみて分かったのは、その特徴はあまりメリットにならないということでした。

スポンサーリンク

電子本に感じたメリット

  • 場所をとらない
  • 絶版本が手に入る
  • 安い
  • すぐに手に入る

場所をとらない

私は積ん読傾向です。そのため、家の本は増殖を続けています。本を置く場所を気にしなくて済むというのは大変便利です。

本の自炊が流行った頃に自炊をしていました。その一番の理由は場所とらないことでした。

絶版本が手に入る

興味があっても再版されていない本があります。絶版だからです。そんな絶版本が電子化されていれば簡単に手に入ります。

電子化されていなければ再版依頼を出版社に出す、本屋を渡り歩く、古本を探す、オークションを使うなどする必要があります。

そういった手間がなくなるというのはすごいです。

安い

古本には劣りますが安いです。中には試し読みなどで無料の本もあります。印刷本で無料は見たことがありません。

電子本なら可能です。しかもすぐに手に入ります。

それでも印刷本中心の理由

  • 目の負担と使用感
  • 記憶

目の負担と使用感

スマホやタブレットは、読むだけならよいですが、残念ながら目が痛くなります。Kindleなどの電子書籍端末は読めるレベルですが、紙の本に比べると読みづらく、ページ送りは遅いです。

電子本にもしおり機能はあります。しかし、操作性に劣ります。素早くページの端を折ったり、書き込みをできません。

目の負担と使用感が印刷本と同レベルかそれ以上だったら良かったのですが、残念ながら電子書籍端末は違います。

記憶

印刷本に比べると記憶に残りません。なぜか分かりませんが、読んだらおしまいで思い出すことが出来なくなりました。

加齢のせいかもしれません。

印刷本中心としながらも、電子本(電子書籍)の併用

印刷本で困っているのは場所です。電子本は場所の問題を解決できますが、読書に不便を感じます。

そのため、電子本に偏る理由はありません。今まで通りの印刷本で間に合っています。

それでも併用しているのは場所と価格があるからです。シリーズものや漫画は冊数が重なります。冊数が重なると場所をとりますし、それなりに費用もかかります。

そのため、シリーズものと漫画は電子本にしています。また、無料や50%OFFなど極端に安い場合も電子本にしています。

どの端末で電子本を読んでいるか

漫画はパソコンのモニターとスマホです。パソコンのモニターを使えば掲載誌ほどの大きさになりますし、スマホは隙間時間に使えて便利だからです。

小説はReader(PRS-T3S)を使っています。目の負担を考えるとE-ink端末は外せません。文字を読む場合、パソコンは大きく、スマホは小さく、タブレットは重たいです。

ページを行き来するなら印刷本

ブログをしていなかったら電子本にもっと偏っていたと思います。

感想を書こうとすると、ページを行き来することが増えるからです。電子本では指のような操作感はできませんでした。

どんどん読むなら電子本

テレビを見るように次々と読み進めたり、多読するスタイルなら電子本が便利です。場所もとらず安いというのは大きなメリットです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク