エンターテイメント一覧

NO IMAGE

【本の感想】平山夢明『ダイナー』

出来心で手を出したバイトは失敗の末、凄惨な拷問を受けた後、プロの殺し屋が集うダイナーで働くことになりました。頭のいかれた殺し屋たちの気まぐれで殺されそうになりながらも必死に生き働き続けます。そんな『ダイナー』の感想です。

スポンサーリンク