【本の感想】中川淳一郎『ウェブはバカと暇人のもの 現場からのネット敗北宣言』

中川淳一郎『ウェブはバカと暇人のもの 現場からのネット敗北宣言』(光文社、2009年)を読みました。

著者は「IT小作農」を自称し、ニュースサイト編集者をしています。その仕事、日々PVを増やすことです。その目線から本の題名通りの身も蓋もない話が書かれています。

反感を買うような本の題名ですが、内容も現実も概ねその通りです。なぜウェブはバカと暇人のものなのかの解説は、納得できることが多く書かれています。

スポンサーリンク

インターネットは普及しすぎた

少数だった時代は一部の好きな人たちが集まり、創造して発展していきます。しかし、それが広がり、一般人が簡単に参加できるようになると、悪貨が良貨を駆逐するように粗製濫造され、大量消費されていきます。インターネットもそうなってしまいました。

「Web2.0」がもてはやされたために、その現実が見えていない状況に対して著者は反論をします。著者は「IT小作農」として日々、PVを増やすために大衆受けする記事を編集し続けているます。

例えばネットで話題になったネタとテレビのネタがかぶっていることや、ネットで話題になったことが世間に認知されていないことなどを実例で語ります。それらは私自身も経験があるため、読めば読むほど納得の出来る話ばかりです。

そのような気づくべきなのに気づいていない状況に対し、ひたすら事実をぶつけてくる様は、面白くもあり虚しくもあります。昔は「テレビを見過ぎたらバカになる」なんて言われましたが、テレビよりもザッピングが容易なネットならば、テレビと同等かそれ以下の酷い状況になるのも納得です。

ウケる9項目と叩かれやすい10項目

ネットでウケる9項目

テレビでは「ラーメン」と「動物」が受けるネタだとどこかで紹介されていました。ラーメンなどの食べ歩きは身近で楽しめるし、動物はかわいいです。ネットではこれらにB級を足せば概ねできあがりです。

詳しくは読めば分かりますが、そこに書かれている項目はPVを稼ぐ参考になります。小難しいことはありません。一般大衆にウケるとは何かが分かります。

叩かれやすい10項目

ウケる9項目もですが、経験で語られる内容は強いです。そして書かれている項目もネットらしい内容ばかりなので読んで納得です。

叩かれやすい項目をまとめて、ネットにヘビーに書き込む人の像についても触れています。その結論は「暇人」です。確かに自分の人生に関わりの無いことでこうも熱く、時間を使えるのは暇人でしょう。「怒りの代理人」とはうまい表現です。

☆4

本書はウェブに過度な期待を持つ人たちに、それは幻想であることを伝えています。そして現実は気軽さ故に、題名の「ウェブはバカと暇人のもの」であり、PVを稼ぐという現場から見れば、創造的なことは乏しいため「ネット敗北宣言」をするといった様相なのでしょう。

とはいえ、それを理解した上でネットから何かを得ようとするならば、クリックされるネタを知ることが出来ます。それでIT小作人になるもよし、自身を振り返ってインターネットで何に時間を使っているかを知るもよしです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク