【本の感想】林亮介『迷宮街クロニクル 2 散る花の残すもの』

林亮介『散る花の残すもの』(ソフトバンククリエイティブ、2009年)を読みました。

迷宮街クロニクルの二作目であり、『生還まで何マイル?』の続編です。前作に続き、迷宮の探索と探索者周辺の日常を描いています。

スポンサーリンク

変わる日常

あっけなく死がやってくるところは変わりません。迷宮の深層まで探索をする初期の人物だからか、今回はあっさりではありません。一巻ではなかった救出への必死感が伝わってきます。

残された人への気遣いの描写も一巻と比べて濃くなっています。また新アイテムや探索者以外の動きも変化が出始めており、二巻は三巻への橋渡しのように思えます。

その他には、迷宮街の中の人と外の人の違いが特徴的に描かれていました。

外の友人とを絡めて中と外の違いを気にするシーンはただの心配事でしたが、葬式のシーンは死生観、金銭観に踏みこんだ直球です。

とはいえ、違うことを物語の核にしているわけでもありません。

変わらない日常

一方で日常は変わりません。テレビの取材に応じ、クリスマスには騒ぎ、神戸へパンダを見に行き、海外旅行にも行きます。

死が身近なところを感じさせる描写もありますが、刹那的というよりも青春を謳歌しているような感じです。

☆2

つまらないわけではないですが、面白いわけでもないです。一巻との違いはあれど、二巻も同じ感想です。

断片的な話がつながって物語は進むのですが、記憶に残るようなつながりにはなっていません。

スポンサーリンク