【本の感想】米田隆『最強の「個人資産」形成術』

米田隆『最強の「個人資産」形成術』(ファーストプレス、2006年)を読みました。

資産形成の方法として王道のやり方を解説しています。

2006年の本ですが、イデコ(iDeCo)つみたてNISAが始まった今読んでも納得できるところが多いです。

スポンサーリンク

個人で資産形成をする時代

イデコやつみたてNISAのことが書かれているわけではありません。しかし、毎月決まった金額を積み立てて投資信託を買うスタイル(ドルコスト平均法)はイデコやつみたてNISAと同じです。

当時と違って今は投資信託に必要な信託報酬や購入手数料も下がって手軽になっています。また、税金や年金の問題を考えると、個人で資産を形成しないといけない時代になっています。

王道は変わりません。しかも今は費用が下がってやりやすくなっています。だからこそ納得できるところは多いです。

☆3

コツコツと、地道に、長期に、グローバルに投資を続けることが資産形成の王道です。

一部極端な例もありますが、資産形成の王道について簡単に学べます。

スポンサーリンク